バンバ市民広場で開かれた3x3「FIBAワールドツアーうつのみやファイナル」=昨年11月

 宇都宮市は26日、市内で10月に開催予定だった国際スポーツ大会の「ジャパンカップサイクルロードレース(ジャパンC)」と、3人制バスケットボール「FIBA3x3ワールドツアー宇都宮マスターズ(3x3)」を中止すると発表した。両大会とも初の中止。新型コロナウイルス感染症の影響で観客やスタッフの安全確保、海外選手の招聘(しょうへい)などが困難と判断した。

 自転車ロードレースのジャパンCは10月16~18日、クラブチーム世界一決定戦の3x3は当初の7月11、12日から延期し10月3、4日に開催予定だった。

 市や各種競技団体などで構成する両大会の各実行委員会は、中止についてそれぞれ書面で議決した。新型コロナ感染防止対策の徹底や入国規制で海外選手の参加が難しいほか、国際自転車競技連合(UCI)、国際バスケットボール連盟(FIBA)が管轄、主催するほかの大会の中止も相次いでいることを踏まえて、総合的に判断した。

 市は来年度の開催を目指し、UCIやFIBAと大会方針の調整、海外選手の招聘に向けた取り組みを進めるとしている。

 両大会実行委員長の佐藤栄一(さとうえいいち)市長は「市が誇る国際スポーツイベントの開催を断念せざるを得ず、大変残念。来年度の大会開催を実現し、多くの方に来場いただけるよう準備していく」とコメントした。