1年間で9万4千人超が利用したとちぎフットボールセンター

1年間で9万4千人超が利用したとちぎフットボールセンター

 【矢板】昨年4月に開設された末広町のとちぎフットボールセンターの1年間の利用者は9万4292人となり、当初見込みを34.7%上回ったことが25日までに、管理運営するNPO法人たかはら那須スポーツクラブのまとめで分かった。小学生向け大会の開催などが利用者数を押し上げ、初年度は409万円の黒字を確保した。本年度は新型コロナウイルスの影響で落ち込みが見込まれ、巻き返しが課題となる。

 施設別に見ると、主に同クラブ員が利用する北側グラウンドが5万1990人、貸し出しが中心となる南側グラウンドが3万6785人で、グラウンド利用が計8万8775人だった。クラブハウスの多目的室は3351人、会議室は2166人が利用した。