熱のこもった舞踊と演奏を披露する田中さん(右)と板橋さん

熱のこもった舞踊と演奏を披露する田中さん(右)と板橋さん

熱のこもった舞踊と演奏を披露する田中さん(右)と板橋さん

熱のこもった舞踊と演奏を披露する田中さん(右)と板橋さん 熱のこもった舞踊と演奏を披露する田中さん(右)と板橋さん 熱のこもった舞踊と演奏を披露する田中さん(右)と板橋さん

 【足利】世界的に活躍する舞踊家田中泯(たなかみん)さん(73)と市出身のジャズピアニスト板橋文夫(いたばしふみお)さん(69)による公演「綾(あや)織る身体 踊り場・叩(たた)き場」が2日、西宮町の足利織姫神社境内で開かれた。約400人が来場し、打ち合わせなしの独創的なパフォーマンスに見入った。

 市内でさまざまなアートイベントをリレー方式で行う「あしかがアートクロス」の一環で、2人が共演するのは初めて。