公約を発表する大久保氏

 【小山】28日告示の市長選に6選を目指して立候補を表明している現職の大久保寿夫(おおくぼとしお)市長(71)は18日記者会見し、五つの柱からなる選挙公約を発表した。経済的な発展と財政健全化を同時に進めながら「環境先進都市」を目指すとしている。

 具体的には栃木市や下野市など周辺の自治体との合併による「人口50万人の県南中核都市実現」を掲げた。交流やにぎわいの創出のため、JR小山駅東口にある約3ヘクタールの低未利用地を活用し、コンベンション機能付きのホテルやマンションを誘致する考えも示した。