練習動画を紹介する加藤さん

 ホッケーの普及促進につなげようと、日光市は25日、栃木県ホッケー協会と連携して、市内在住の現役選手がホッケーの魅力や技術力向上のポイントなどを紹介する動画の配信を始めた、と発表した。新型コロナウイルスの影響で普及活動を展開しにくい中、今月は自宅でできるトレーニングなど2本を動画投稿サイト「ユーチューブ」の市公式チャンネルで配信している。

 市の「ホッケーエキスパート事業」の一環。市はこの事業で、ホッケーの街日光をPRするとともに市内小中学生らの指導を強化し、普及活動を通じて競技人口の拡大を目指している。

 動画のタイトルは「なっちのYou Tubeチャンネル」。市ホッケーエキスパートに任命されているグラクソ・スミスクライン所属の加藤夏美(かとうなつみ)選手(24)が登場する。

 第1弾の「自宅de実践編part1」ではトイレットペーパーを使った体幹の鍛え方を約2分で紹介。2本目は加藤さんがホッケー場でドリブルやボールを浮かせるリフトの仕方などを実践する様子を約3分にまとめた。

 市ホームページ(HP)のスポーツ振興課のページや同課の公式フェイスブック、同協会HPからも視聴できる。毎月2本程度を配信する予定で、加藤選手は「少しでもホッケーファンが増えるようさまざまな動画を配信し、日光を盛り上げていきたい」と話した。