那須高原ビール、熟成庫調達へCF活用 品評会金賞のビンテージビール

 那須高原ビール(那須町高久甲、小山田孝司(おやまだたかし)社長)は、ビンテージビール「ナインテイルドフォックス」を低温で熟成させる熟成庫の調達を目指し、クラウドファンディング(CF)サイト「レディーフォー」で5月18日まで支援を募っている。CFは購入型で、目標額は250万円。

 那須高原ビールによると、ビンテージビールは、麦芽やホップを通常のビールの約3倍使い、長期熟成して造る。

 ナインテイルドフォックスは1998年に醸造を開始した。麦芽とホップ、ビール酵母、水のみを使った世界にも例を見ないという純粋なビールを追究し、2016年には世界最大規模の品評会「ワールドビアカップ」熟成部門で金賞に輝いた。