優秀賞を受賞した野澤さん

 【大田原】日本看護協会が募った作文「第10回忘れられない看護エピソード」で、那須赤十字病院看護師長の野澤美枝子(のざわみえこ)さん(52)=紫塚3丁目=が優秀賞を受賞した。「つなぐ命」と題し、脳出血で倒れた夫の臓器を提供した妻の思いや夫婦の姿をつづった。野澤さんは「『臓器移植が世間で十分に知られていない。その大切さを広めてほしい』と言われた。その思いを伝えたいと思って応募した」と話す。

 同協会は5月12日の「看護の日」にちなみ看護現場での心に残るエピソードを募集しており、今回は2702点が寄せられた。本県で優秀賞以上となったのは野澤さんが初めて。