日本自転車競技連盟は22日、新型コロナウイルスの影響で、8月20~23日に広島県で予定していた全日本選手権(ロードレース、個人タイムトライアル、パラサイクリング)の開催中止を発表した。当初は6月中旬の予定だったが、4月に開催延期を発表していた。

 選手やチーム関係者、大会関係者らの感染リスクを考慮し、開催を断念した。日本一を懸けた大会で、東京五輪代表選手選考のポイント対象レースだった。昨年は個人タイムトライアルで宇都宮ブリッツェンの増田成幸(ますだなりゆき)が初優勝した。