栃木県壬生町内の私立保育園で、20代の元保育士男性が就寝中の園児の姿を無断で撮影していたことが22日、関係者への取材で分かった。同町は、男性の行為を不適切と判断し、園側に再発防止のための指導をしたという。

 関係者によると、元保育士は1年ほど前から同園に勤務。この間、複数の園児に対し複数回、園内で寝ている姿を無断で撮影したという。無断撮影の発覚後、園側は元保育士を解雇し、保護者向け説明会を複数回開いたとみられる。

 園側は今月上旬ごろ、町に報告。町側は再発防止のため、園に対し、可能な限り複数人で保育に当たるよう指導したという。また専門家による園児や保護者の心のケアも実施するという。

 園は下野新聞社の取材に対し、「答えられない」としている。