笑顔でファンと交流するブレックスの田臥主将=宇都宮城址公園

 プロバスケットボールB1の栃木ブレックスは2日、宇都宮城址公園で2017-18シーズンファン感謝デーを開催し、青空の下約2千人のファンが詰め掛けた。

 連覇を狙った今季はレギュラーシーズンで東地区4位となり、チャンピオンシップ準々決勝で中地区1位の三河に敗れたブレックス。鎌田真吾(かまたしんご)社長は「非常に悔しい結果になったが、応援もあってチームは成長できた。来季はもっと成長して優勝争いに食い込む」と王座奪還に挑戦することを宣言した。