今年限りで閉園する黒羽ユリ園

今年限りで閉園する黒羽ユリ園

今年限りで閉園する黒羽ユリ園 今年限りで閉園する黒羽ユリ園

 【大田原】今年で閉園となる須佐木の黒羽ユリ園が20日、最後の開園シーズンを迎えた。地元有志で運営する「黒羽ユリの会」は、会員の高齢化と後継者確保の難しさから、30回目の開園を節目に幕引きを決めた。舘田岩次郎(たてだいわじろう)会長(74)は「これまでたくさんの人にユリ園を愛してもらい、感謝している。やり通せたことに誇りを感じる」と話している。最終日は7月19日。

 ユリ園は1991年、休耕田を地域おこしに活用しようと、住民有志8人が会を結成して開設した。旧黒羽町の町花ヤマユリの栽培から始めたが、全員が初心者。連作障害などに苦心しながら、他のユリ園に研修に行くなどして栽培手法を習得した。ユリは1本500円で販売し、収益金の一部は市内の教育施設に寄付してきた。