1番人気の「特選希少部位弁当」

 「人気焼肉店が弁当を始めた」。そんなうわさを聞き、早速、JR宇都宮駅前へ向かった。目当ての牛の絵が描かれた黒い建物を見つけ、期待に胸を膨らませ扉を開けた。

Web写真館に別カットの写真

 テークアウトの弁当は3種類。1番人気は「特選希少部位弁当」(税別1680円)で、基本的にミスジとリブロースが計120グラム入っている。ミスジは店で1番人気の部位で、リブロースは冷めてもおいしいように「低温調理で柔らかく仕上げた」と木村康洋(きむらやすひろ)(34)店長。

 頬張ると、ミスジは人気の部位だけあってうま味が強く、ご飯がどんどん進む。リブロースは口に入れると、溶けてしまうほど柔らかく、ぜいたくな味わいだ。ボリュームも満点で、このクオリティーの焼き肉を弁当で気軽に食べられるのはうれしい。

 このほか「和牛弁当」(同980円)と「極上サーロイン弁当」(同2680円)がある。弁当の受け取りは店頭だけでなく、ドライブスルーという手も。梅雨の今、車から1歩も降りずに弁当を受け取れるのはとてもありがたい。

 長く続くコロナ禍の中で、疲労はたまり気味。最近は暑さも厳しくなってきた。おいしい肉にパワーをもらって乗り越えていきたい。

 ◆メモ 宇都宮市駅前通り1丁目4の6▽営業時間 午後5時半~9時半(変更の可能性あり)、弁当の受け取りは午前11時半~午後2時▽定休日 なし▽(問)028・627・4600