不正アクセスなど、平易な言葉で脅威警告 UTM機器向けサービス、宇都宮のアクシスが発売

 ソフトウエア開発などのアクシス(宇都宮市双葉1丁目、和気悟志(わきさとし)社長)は、コンピューターウイルスや不正アクセスなどを総合的に防ぐUTM(統合脅威管理)機器を利用する企業向けに、脅威を分かりやすく知らせる監視サービス「セキュアロイドマギー」を発売した。

 和気社長によると、サイバー攻撃が日々多様化していることから、企業を中心にUTM機器の導入が進みつつある。UTM機器が攻撃を検知すると、検知情報がログと呼ばれる記録データに残るが、専門知識がないと理解が難しい。特に専門の担当者がいない中小企業などでは、攻撃を検知したログに気付かず、対応が遅れる場合もあるという。

 「セキュアロイドマギー」は、同社が提携するウォッチガード・テクノロジー・ジャパン(東京都)のUTM機器向けに開発した。架空の女性オペレーターがログを平易な言葉に変更して案内し、社内の会員制交流サイト(SNS)などにも瞬時に連絡する。