お尻の外側ストレッチ

腰ストレッチ

お尻の外側ストレッチ 腰ストレッチ

 お尻や太ももの筋肉を柔らかくして、柔軟性を高めるストレッチを紹介します。

お尻の外側ストレッチ

 左右1回ずつ×1回

 (1)あおむけになり、左膝を曲げて立てる。腕は横に広げる。

 (2)右手で左膝を持って体の反対方向にひねる=写真。この時、左肩が床から離れないようにしっかり付ける。

 (3)右手で左膝を、下にぐっと押し込んでいく。

 (4)30秒間、この姿勢をキープする。右膝も同様に行う。

 【効果】股関節がスムーズに動くようになり、フットワークの改善につながる。デスクワーク後にお尻や腰に違和感を覚える大人にもお勧め。

腰ストレッチ

 10秒×3セット

 (1)四つんばいの姿勢を取る。手の幅は肩幅と同じくらい、膝は股関節の真下ぐらいの位置にする。

 (2)腰を思い切り上に引き上げるように丸めて、10秒間キープする=写真。

 【注意点】

 ・手は肩の真下からおへそに近い位置に置いた方がやりやすい。

 ・腰を丸める時は、おなかに力を入れぐっと上げるようなイメージで。

 【効果】背骨周りの筋肉が伸び、正しい姿勢になる。肩こり改善にも効果的。

 (藤本千晶(ふじもとちあき)・セントラルフィットネスクラブ宇都宮トレーナー)