JR那須塩原駅構内のフラワーアレンジメント

 【那須塩原】新型コロナウイルス感染症の影響で花の需要が落ち込む中、県内産花きをPRするため、JR那須塩原駅や市役所で18日から、県内産の花などで彩られたフラワーアレンジメントが展示されている。25日まで。

 農林水産省の支援事業の一環で、那須地方農業振興協議会と花咲くとちぎ推進協議会が主催。那須産のバラや大田原産のリンドウなど、県内産の10品種がフラワーアレンジメントに使われており、大田原市役所と那須町役場でも展示している。

 JAなすのによると、3、4月の花きの売り上げは前年同期と比べ2割ほど落ち込んでいるという。

 駅構内で展示を見ていた鍋掛、パート従業員佐藤恵理子(さとうえりこ)さん(45)は「場が明るくなって華やかな気分になるからいいですね」と話していた。(問)県那須農業振興事務所0287・23・2151。