色鮮やかに咲くハス

 栃木県栃木市都賀町臼久保の公園「つがの里」にある池で、ハスの花が見頃を迎え、淡いピンク色の大輪を見ようと朝から多くの市民が訪れている。

 市によると、池のハスは約1千株3千本。開花時期は例年並みという。夜明けから咲き始め、直径約30センチの大輪となり、昼頃には閉じる。咲いてから4日目には散ってしまう。

 池では、1千株ほどのスイレンの花も水面を彩り、華やかな景色が広がっている。

 18日も多くの人が訪れ、「素晴らしくて夢のよう」と話す来場者も。今年は新型コロナウイルスの影響で「つがの里ハスまつり」は中止となったが、見頃は来月末ごろまで続くという。