栃木市教育委員会は17日、市議会の産業教育常任委員研究会で、新型コロナウイルスへの感染が確認され、すでに退院している同市の学校給食調理員3人が、いずれも調理業務へと復帰することを明らかにした。

 当初、市教委は3人について調理業務から異動させる意向を示していたが、方針を撤回。12日には3人との面談を開き、「配慮が足りなかった」と謝罪したという。その後、希望を聞いて調整した結果、22日までに職場に復帰する予定。

 3人は6月上旬時点で退院から4週間以上がたち、経過観察でも症状は無い。保護者には9日、業務に復帰させる方針をメールで通知。新たな不安の声や相談などは市教委、学校側にも届いていないという。