「しおや♡わくわく健活ポイント」事業への参加を呼び掛ける町の担当者

 【塩谷】町は7月1日、歩くことや健康診断受診でためたポイントを町の特産品などと交換できる「しおや♡わくわく健活ポイント」事業を始める。運動不足で糖尿病や慢性腎不全の患者数が多いとされる町民に運動習慣を付けてもらい、健康づくりへの意欲を高める。今月19日まで参加者を募集している。

 参加できるのは町在住で、健康状態や医療費などのデータを町に提供できる20歳以上の人。参加者には専用の歩数計が配布され、「歩く」「受ける」「測る」「参加する」の四つの方法でポイントがたまる。

 1日5千歩以上歩くと10ポイント、8千歩以上で20ポイント、健康診断とがん検診の受診でそれぞれ500ポイント、体組成の計測で20ポイント、町のイベント参加で1回20~50ポイント付与される。

 ためられるのは年間最大8千ポイントで、年度末に町の特産品や町商工会商品券と交換できる。スタートキャンペーンとして、本年度は「歩く」と「受ける」のポイントを2倍にする。ポイントの獲得が多い町民の表彰も行う予定。

 町保健福祉課の担当者は「多くの町民に参加してもらい、健康づくりに取り組んでほしい。イベントへの参加を通じて、町への愛をさらに深めてもらえたらうれしい」と話している。

 参加料1千円(歩数計代)で、先着150人。26日か27日の説明会への参加が必要。(問)同課0287・45・1119。