19日に配布されるリーフレットなど

 【宇都宮】市は、新型コロナウイルス感染拡大に伴うストレスの解消方法などを紹介するリーフレット16万2千部を作製した。19日の新聞折り込みで配布するほか、市施設に設置するなどして周知を図る。

 リーフレットは、新型コロナの感染拡大による行動制限や経済的不安でたまりやすい精神的疲労に自ら気付き、早期軽減につなげてもらおうと考案した。

 新型コロナに関する相談を受ける保健師によると、5月以降「感染リスクを考えると出掛けられない」「収入が不安定な状況で気がめいる」といった生活の不安を訴える相談が増えたという。第2波による長期化も見据え、精神的疲労によるうつや自殺を未然に防ぐ狙いもある。

 リーフレットは見開きA4判。ストレスチェック方法や、こころの健康づくりのために心掛けるポイントを紹介している。また確証のない情報に惑わされないよう、国立感染症研究所など正しい情報が手に入る参考文献を記載している。

 市は併せて「新しい生活様式」を啓発するチラシを作製。リーフレットと同様の方法で配布する。