大麦の収穫の無事を祈る刈穂祭

 【真岡】ビールの原材料になる二条大麦の収穫の無事を祈る「刈穂祭(かりほさい)」が25日、西田井の農業、桜井慎也(さくらいしんや)さん(71)方の畑で行われた。

 市民で構成される「みや通り街なみ協議会」が主催。地元で収穫された大麦でオリジナルのクラフトビールを造る「神ビールプロジェクト」の一環で、地産地消を進め、地域の活性化を促す狙いだ。