JR東日本によると、10日午前6時37分ごろ、東北本線の黒磯-高久駅間を走行中の下り貨物列車が機関車故障のため停車した。乗務員が処置を行い、同7時27分ごろに運転再開。黒磯-新白河駅間の上下線で普通列車に遅れが発生した。上下2本が最大45分遅れ、約80人に影響した。