芳賀中付近の道路で行われた自転車の安全な乗り方の撮影

 【芳賀】町と自転車ロードレースの宇都宮ブリッツェンは、同チームの選手が自転車の乗り方や自宅でできる運動を紹介する番組「芳賀チャリ」を制作し、町域ケーブルテレビ「芳賀チャンネル」で22日から放送する。新型コロナウイルスの影響による休校が明け、自転車通学が始まった中学1年生やテレワークなどで運動不足になっている町民らに視聴してもらい、安全運転や健康維持に役立ててもらう。

 番組制作は同チームが地域貢献の方法を模索していたところ、町から提案があり実現。5日に行われた撮影には、阿部嵩之(あべたかゆき)(33)、西村大輝(にしむらひろき)(25)の両選手が参加した。

 自転車の安全な乗り方についての収録では、実際に芳賀中の生徒らが通学で通る同校近くの道路を使い、交差点で一時停止し安全確認することや並走せず縦に並んで走行するなどの手本を両選手が実演した。阿部選手は「安全な自転車の乗り方を知るのは本当に大切なこと。番組を見て分かってもらえればうれしい」と期待した。

 一方、自宅でできる運動の撮影では、椅子を使ったトレーニングなど屋内でチャレンジ可能な動作を紹介した。番組は、自転車の乗り方と自宅でできる運動を約5分ずつ放映。28日まで1日9回放送する。

 町企画課の稲川聡(いながわさとし)さん(31)は「新型コロナの影響で気持ちがふさいでいる人もいると思う。見てもらうことで安全な自転車の乗り方や健康維持につなげてもらうとともに、気持ちを上向きに持ってもらいたい」と話した。