ズミの花が一斉に咲いた戦場ケ原周辺=7日午前11時35分、日光市中宮祠、小型無人機から

 奥日光の戦場ケ原周辺でバラ科のズミが満開となり、純白の花が初夏の高原を彩っている。

 日光自然博物館によると、今年は1週間ほど前から一斉に咲き、花付きもよい。7日は各所でかれんな花に見入る観光客が目立った。小型無人機で上空から望むと、緑の中で白いじゅうたんを広げたようにズミが連なっていた。天候次第だが、あと1週間は楽しめるという。

 同博物館職員仲田桂祐(なかだけいすけ)さん(50)は「爽やかな景色を味わってほしい。人が集中する場所もあるので、新型コロナウイルスの感染予防対策も必要」と話した。