肩ストレッチ

膝立ち腕立て伏せ

肩ストレッチ 膝立ち腕立て伏せ

 本県の小学生が体力テストで苦手なのがソフトボール投げ。2019年度の全国体力テストで、5年男子は全国最下位でした。ボール投げがうまくなるための柔軟性や筋力アップのトレーニングを2回にわたり紹介します。

肩ストレッチ

 30秒×1回

 (1)低めの椅子など台を用意する。

 (2)床に膝を着いて、手のひらを台に乗せたら、腕の間にゆっくりと頭を入れる。頭の位置は腕の下まで下げる=写真上。

 (3)30秒間、その状態をキープする。

 【効果】 

 投げる時に必要な肩の柔軟性アップにつながる。猫背や肩こりが気になる大人にもお勧め。

膝立ち腕立て伏せ

 10回×3セット

 (1)膝立ちになったら、両手を床に着いて腕立て伏せの姿勢になる=写真下。手の幅は肩幅と同じ。

 (2)肘を曲げて、上半身を下に2秒かけて下ろしていく。顎が床にくっつく程度まで下ろそう。

 (3)1秒かけて肘を伸ばして体を元の位置に戻す。

 【注意点】

 ・頭からお尻まで一直線になるように意識しよう。

 ・肘は完全に伸ばそう。

 【効果】

 投球に必要な肩の筋力を強化。膝が床に着くことで、子どもでも腕立て伏せがやりやすい。

(藤本千晶(ふじもとちあき)・セントラルフィットネスクラブ宇都宮トレーナー)