濃すぎない味付けで女性にも人気の「日替わり弁当」(手前)

 東武宇都宮駅のすぐそばに昨年オープン。1品メニューが味わえる和食店として、「2軒目の店」として利用する客も多い。

Web写真館に別カットの写真

 4月から始めたテークアウトは、午前10時から店の軒先で日替わり弁当や総菜、デザートを販売している。この日は、日替わり弁当(680円)とビーフシチュー(800円)、レモンケーキ(250円)を購入し、職場でちょっとぜいたくランチを味わった。

 弁当は土鍋を使った炊き込みご飯が売りで、この日は梅しその炊き込みご飯。他に、ハムエッグのフライ、サケの蜂蜜漬け、トマトのピクルスなどが彩り美しくに盛り付けられている。夏日の今日は、さっぱりとした梅しその炊き込みご飯やトマトのピクルスの酸味が食欲をそそる。

 ビーフシチューは大ぶりの牛ほほ肉が存在感たっぷりで、主役となる1品。素材の味を生かしたレモンケーキもたちまち完食した。

 店は植田早紀(うえださき)さん(29)と幼なじみの女性2人で経営。植田さんは「テークアウトを通して、お店の味を知ってもらいたい。夜の営業時間にも寄ってもらえれば」と話している。

 メモ 宇都宮市宮園町3の11▽営業時間 午前10時~(売り切れ次第終了)▽定休日 日曜、祝日。6月からテークアウト販売は不定期、フェイスブックで要確認▽(問)028・651・2233