つなぎにこだわった国産牛、豚のハンバーグ(手前)。さっぱりしたソースと相性は抜群

 記念日やちょっと特別な日だけでなく、家族連れで気軽に楽しみたい「鉄板焼き」。

 肉専門店などで20年以上、腕を磨いたマスターの篠崎陽佑(しのざきようすけ)さん(38)が2年前にオープンした店は、鉄板焼きの敷居が高いイメージを覆した。「生まれ育った地元の食文化を盛り上げたい」と地産地消にこだわり、カジュアルさと鉄板1枚を武器に栃木の食材の魅力を発信している。

Web写真館に別カットの写真

 お薦めの国産牛、豚のハンバーグ(税込み950円)はつなぎにもこだわる逸品。鉄板でじっくり熱を加えながら、野菜の水分で蒸し焼きにしている。

 口に入れた瞬間、閉じ込められていた肉のうま味が広がる。タマネギのシャキシャキ感がくせになる自家製のステーキソースが、肉の味を引き立ててんな! 

 「野菜が食べたい」という関西人記者の要望から、篠崎さんが県産トマトをふんだんに使ったトマトお好み焼き(同950円)を調理。ボリューム満点な見た目とは裏腹、野菜のさっぱり感が生きた新感覚の味で、トマトの酸味とチーズのまろやかさが絶妙にマッチしている。

 店にそろうワインは20種類近い。「厳選されたテキーラもいかが?」と、酒が強い看板娘の愛称“たまごちゃん”。アットホームな雰囲気にのまれそうや…。

メモ 宇都宮市二荒町1の15 1階。▽営業時間 午後5時~午前2時(金、土、祝日の前日は3時)▽定休日 水曜▽(問)028・636・7108