改正著作権法が可決、成立した参院本会議=5日午後

 インターネット上に無断で掲載された海賊版と知りつつ漫画などをダウンロード(DL)する行為を違法とする改正著作権法が5日、参院本会議で全会一致により可決、成立した。音楽と映像に限っていた対象を論文や写真集も含む全著作物に拡大。悪質な場合は刑事罰を科す。海賊版サイトに誘導する「リーチサイト」の運営も規制する。

 規制範囲は制限し「軽微なもの」と「著作権者の利益を不当に害しない『特別な事情』がある場合」は除外した。数百ページある小説の数ページや、数十ページある漫画の数こまなどが該当する。

 パロディー作品や無断掲載の画像がスマホの画面保存に写り込んだ場合も対象外。