【大田原】県民の日無料開放日に当たる13、14の両日、佐良土の県なかがわ水遊園は、メイン施設「おもしろ魚館」で事前予約制による入館制限を行う。入館制限は開園以来初めて。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため3月6~24日、4月8日~5月15日の2度にわたり、同館を休業した同園では現在、週末の入館者数は従来の9割まで回復しているという。

 昨年の開放日(3日間)の入館者数は1日4千~5千人で、今年も混雑が予想されるため、館内の密集回避と来館者の安全確保策として入館制限することにした。30分ごとに最大100人ずつ1日計13回に分けて入館してもらう。滞在時間は制限しない。

 入館希望者は事前予約制で、同園ホームページの予約フォームから申し込む。予約は5日午前8時半から来館当日の午前8時半まで可能だが、各回とも定員80人で先着順。当日受け付けは各回20人。小学生以上はマスク着用。

 同園は今後も、混雑予想日には入館制限の実施を検討する。