アイスホッケーアジアリーグは2日、昨年創設された「横浜グリッツ」が2020-21年シーズンから加盟すると発表した。東京近郊のチームは、09年に廃部となった西武以来12季ぶり。

 本拠地はコーセー新横浜スケートセンター。慶大アイスホッケー部を指揮した浅沼芳征(あさぬまよしゆき)氏が監督、ヘッドコーチは元NHL選手のマイク・ケネディ氏が務める。

 所属選手は仕事を持ちながら競技活動を行う予定。今後正式契約となるが、昨年も横浜でプレーした元バックスのGK小野航平(おのこうへい)や、宇都宮市出身のFW松渕雄太(まつぶちゆうた)(埼玉栄高-大東大)らが加入する見通し。

 横浜の新加盟で20-21シーズンのアジアリーグは日本5、韓国2、ロシア1の計8チームが参戦する予定。8チームの加盟は2季ぶり。開幕は新型コロナウイルスの影響で未定となっている。