自転車ロードレースの国際レース「ツール・ド・熊野」は31日開幕し、和歌山県新宮市で大会プロローグの個人タイムトライアル(0・7キロ)を行い、宇都宮ブリッツェンの阿部嵩之(あべたかゆき)が50秒78のタイムで2年ぶりに優勝した。チームは6月1日から3日間のステージレースに挑む。