足利学校のお堀を泳ぐカルガモ親子

 足利市昌平町の史跡足利学校東側の堀で、今年もカルガモのひなが誕生し、親ガモを追って泳ぐなどの姿が市民の目を楽しませている。

Web写真館に別カットの写真

 同学校事務所によると31日朝、職員が親ガモと泳ぐ11羽のひなを見つけた。確認は昨年と比べ約1カ月半遅く、待ちわびていたという。

 堀沿いを散歩していた同市大久保町、無職初谷新一(はつがいしんいち)さん(63)は「ひなの泳ぐ姿を見ていると心が生き生きしてくる。順調に育ってほしい」と話した。