カップ麺「岩下の新生姜味 塩焼そば」(右)と「焼きそば専用 岩下の新生姜」

 岩下食品(栃木市)とサンヨー食品(東京都港区)は「岩下の新生姜(しんしょうが)」をイメージしたカップ焼きそば「岩下の新生姜味 塩焼そば」を商品化し、サンヨー食品から6月29日に発売する。岩下食品は先行して6月1日、「焼きそば専用 岩下の新生姜」を発売する。

 「塩焼そば」は岩下の新生姜に使用しているショウガから作った粉末を焼きそばの粉末ソースに配合した。表面に張りがあり、適度なコシとしなやかさが特徴の細ちぢれ麺にソースがよく絡むようにした。

 両社は「具材キャベツのシャキシャキとした食感、さっぱりとしたソースの味わい、チキンのうま味や酢の爽やかな酸味、岩下の新生姜ならではのやさしい辛味を味わえる」としている。

 「専用岩下の新生姜」は、岩下の新生姜を千切りにした焼きそば専用。シャキッとした食感が焼きそばのおいしさを引き立てる。

 「塩焼そば」は98グラム(麺85グラム)で、希望小売価格は税別193円。「専用岩下の新生姜」は40グラム入り、同128円。