【下野】自治医大(永井良三(ながいりょうぞう)学長)は、学内で生み出された先端医療技術を基に設立された医療ベンチャー企業を支援するため「自治医科大学における大学発ベンチャー認定制度」を制定、本年度から運用を開始した。

 制度の対象となるのは、同大の教職員、学生が発明者になっている知的財産権を基に設立された企業。自治医大で得られた研究成果、または習得した技術などを基に設立された企業も含まれる。