せんきんの純米吟醸酒「HOPE!」

 清酒蔵元のせんきん(さくら市馬場、薄井一樹(うすいかずき)社長)は、新型コロナウイルス感染拡大の影響克服に向け、清酒の生産流通に関わる人、清酒を愛する全ての人に希望のエールを送る純米吟醸「Hope!(ホープ)」を発売した。

 コロナ禍での清酒売り上げ減は、飲食店、酒販店、蔵元、さらに酒米生産の農家にまで及び、清酒醸造という伝統産業まで危ぶまれているという。薄井社長は「Hope!はそうした人が力を合わせ、心を一つにしてこの困難を乗り越えようという願いを込めた」と話す。

 「力を合わせる」という意味から、地酒ではあまり行わない複数の原酒をブレンドする「アッサンブラージュ」の製造手法を採用した。原料米の「亀ノ尾」「山田錦」「雄町」から醸した原酒を組み合わせた。

 720ミリリットルで1800円。特約店で取り扱う。