ウーバー・ジャパン(東京都渋谷区)は6月2日から、宇都宮市内の一部地域で飲食宅配代行サービス「ウーバーイーツ」を始める。北関東3県では初めて。

 ウーバーイーツは、スマートフォンの専用アプリを使って飲食店に注文できるサービス。配達員が自転車やバイクで自宅やオフィスまで届ける。国内では東京をはじめ、横浜、大阪、仙台などで同サービスを展開しており、栃木県は17都府県目となる。

 宇都宮市内では既に130店以上の飲食店が加盟した。対象地域は、JR宇都宮駅や東武宇都宮駅周辺の中心市街地に限定されるが、ニーズを踏まえ、他の地域へのサービス拡大を検討するという。

 注文受け付けは午前9時~翌午前0時だが、店舗によって異なる。配送手数料は320円。支払いはクレジットカードか一部のスマホ決済アプリで行う。