配水管に描かれたカンピくんのイラスト

 【下野】三王山の市南河内第二配水場の配水管壁面に19日、道の駅しもつけのキャラクター「カンピくん」のイラストが完成した。

 同配水場は、温水プールやレストランなどが入る複合施設「ふれあい館」や三王山ふれあい公園と隣接する。イラストはこれらへの誘客につなげようと、約4カ月がかりで描いた。

 高さ約39メートルの配水管に描かれたカンピくんは、全長7・6メートルの巨大な姿で訪れた人たちを出迎える。日没頃から午後9時まではライトアップも。市社会福祉課の担当者は「新型コロナウイルスの影響で暗い気持ちになっている人の心がイラストを見て和めば」と話した。

 新型コロナ感染防止のため、ふれあい館は6月1日まで休館。三王山公園は開放しているが、キャンプ場とドッグランの利用は31日まで休止している。