咲きそろうニッコウキスゲ=23日午前、宇都宮市上欠町

 宇都宮市上欠町の「うつのみや遺跡の広場」でニッコウキスゲが見頃となっている。

 縄文時代の集落跡「根古谷(ねごや)台遺跡」を整備した広場の西側斜面にある雑木林周辺に約1万株が自生する。23日は、朝露でしっとりとした林の中で、ニッコウキスゲが鮮やかなオレンジ色の花を咲かせていた。

 夫婦で散歩に訪れた宇都宮市、女性(69)は「新型コロナウイルスの感染拡大で遠出はできないですが、きれいな花が身近にあるとほっと一息しますね」と話した。広場を管理する西山文化財愛護会によると、今月いっぱいまで楽しめる。月曜休園。