南国気分をたっぷり味わえる「ハワイアンシュリンプ&チキン」

 女性や若者に人気のカフェレストラン。サイトを拝見すると、あるある、フードからスイーツ、ドリンクまで多彩なテークアウトメニューの数々が。これはお邪魔しない手はない。

Web写真館に別カットの写真

 オープンは2015年。サーフィン好きのオーナーが、米国の西海岸をイメージして作り上げた店で、今ではハワイのテイストもミックスさせているという。「現地に倣い、開店当初からテークアウトを続けています」とマネジャーの小貫翔吾(おぬきしょうご)さん(35)。

 お薦めは6種のメイン料理にフレンチトーストかデニッシュまたはライスと、ドリンク11種のうちの1種を自由に組み合わせる「フードボックス&ドリンク」(全て税込み1380円、フレンチトーストは62円追加)。

 注文したのは「ハワイアンシュリンプ&チキン」。ハワイのノースショアにある名店の味を目指したという。色鮮やかなシュリンプを頬張ると、しっかりとしたエビの弾力とソースの豊かなコクが絡み、口の中にぜいたくな幸せが広がる。

 コロナ禍の影響で店内営業を休止中だが、テークアウトのほか、今回を機に宇都宮市内を対象とするデリバリーを始めた。店を支えてくれたファンへの「感謝と還元」のため、スタッフがバイクにまたがり、できたてを届けている。