日光市手岡(ちょうか)で弟が兄を殺害したとされる事件で、死亡した同所、会社員男性(58)は体を複数箇所刺され、首を絞められたことが死因だったことが22日、今市署の調べで分かった。

 同署は殺人未遂の疑いで現行犯逮捕した同所、会社員(55)を同日、送検した。殺人容疑に切り替えて捜査している。