席同士の距離を離しながらビアガーデンを楽しむ来場者たち

 栃木県栃木市万町の栃木グランドホテル屋上で22日夕、恒例のビアガーデン「KURASORA」(クラソラ)がオープンした。新型コロナウイルス感染症への対策を取りながらの営業となったが、仕事帰りの会社員らが屋上からの眺めとビールを楽しみ、リフレッシュしていた。

 今年は席数を120から40に減らし、テーブルの間隔を空け、各卓上に消毒液を設置するなど対策を実施。来場者にも、帰宅の際には使った箸やおしぼりを会場内のごみ箱に捨ててもらうよう協力を求めている。

 少し肌寒さを感じるオープン初日となったが、訪れた人たちは笑顔でグラスを傾けた。会社仲間で訪れた片柳町5丁目、会社員牛久勝(うしくまさる)さん(60)は「みんなで飲むビールはおいしい。人に感染させないよう、気を付けて楽しまないとね」と、のどを鳴らした。