「とちぎスマート土地利用型農業研修会」で紹介された自動運転田植え機=30日午後、下野市

 農業分野の新技術を学ぶ「とちぎスマート土地利用型農業研修会」が30日、下野市磯部の水田を会場に行われ、自動運転田植え機やICT(情報通信技術)型給水機について参加者が理解を深めた。

 農作業のコスト削減・省力化を推進するため、県など3団体が主催した。JAなどの農業関連団体職員や農業者約200人が参加した。