県が新たに開発したアジサイの新品種「プリンセスリング」(左)と「エンジェルリング」=20日午後、県庁

 県は20日、アジサイの新品種「エンジェルリング」「プリンセスリング」の2種類を開発したと発表した。ともに八重咲きで白い縁取りが特徴。来年5月ごろの発売を目指し、今月から生産者による栽培が始まる。

 県農業試験場が5年がかりで開発し、今回で4品種となった。花の色は女性に人気の高い赤紫色。花が小ぶりのエンジェルリングは縁取りのかわいらしさが命名の由来。プリンセスリングは花が大きく、縁取り部分が多くを占め、淡い色合いとなっている。