下野新聞社は19日、取締役会を開き、任期満了に伴う次期役員体制と関連人事を内定した。

 取締役7人を再任し、飯島一彦(いいじまかずひこ)常務取締役が専務取締役に、坂本裕一(さかもとゆういち)、関根文夫(せきねふみお)両取締役はともに常務取締役に昇任する。新たに江田和宏(えだかずひろ)役員待遇編集局長が取締役に就任する。6月19日の株主総会と取締役会で決定する。