【那須】ゴンドラからの眺めで新型コロナウイルス感染拡大の自粛疲れなどを癒やしてもらおうと、約3万本のゴヨウツツジ群生地として知られる大島のスキー場「マウントジーンズ那須」は25~27の3日間、県民を対象にゴンドラ乗車を無料にする。

 ゴンドラの標高差は460メートルで、中腹のゴヨウツツジを眺めることができる。支配人の土屋稚史(つちやまさし)さん(48)は「今年はちょうど25~27の3日間が中腹のゴヨウツツジの見頃になる」と話す。

 同スキー場によると、山頂にある約3万本のゴヨウツツジの見頃は5月末から6月上旬になる見込み。

 乗車前に免許証など住所を確認できるものを提示する。ゴンドラ運行時間は午前8時半~午後3時(下り午後3時半)。(問)同スキー場0287・77・2300。