引きこもり状態にある人の高年齢化と長期化が課題となる中、栃木県は19日、中高年(40~64歳)の当事者や家族を対象にした電話相談窓口を、県子ども若者・ひきこもり総合相談センター「ポラリス☆とちぎ」(宇都宮市下戸祭2丁目)内に開設する。専門相談員が悩みなどの相談に応じ、社会活動や就労に向けた支援を行う。