ろうそくを立てたバースデー餃子。バースデーケーキに見えてくるかも

バースデー餃子を考案した鈴木事務局長

ろうそくを立てたバースデー餃子。バースデーケーキに見えてくるかも バースデー餃子を考案した鈴木事務局長

 宇都宮餃子(ぎょーざ)会が、円形の羽根付きギョーザを2段重ねてケーキに見立てた「バースデー餃子」を発売した。「ギョーザ」と「ケーキ」というユニークな組み合わせがギョーザ愛好家らの注目を集めている。興味が湧き、早速調べてみた。

 バースデー餃子はギョーザ30個を円形に並べ、羽根で離れないようにして焼き上げる。加盟35店から上段2店、下段3店と計5店のギョーザを選んで注文し、食べ比べできるのも面白い。4月下旬から配達を始めた、ギョーザアンテナショップ「来らっせ本店」の「お持ち帰り&配達メニュー」でお披露目された。

 考案したのは同会の鈴木章弘(すずきあきひろ)事務局長(47)。昨年秋には既に企画していたと話す。しかし、発案のきっかけは「何だっけ?」と頬を緩める。3月に餃子通りに設置されたギョーザ型街灯の考案者でもあり、「消費者の視点で『面白い!』と思う感性は忘れないようにしています」と胸を張った。

 この2段重ねの餃子は、家族客を中心に注文が入るなど好評だという。中には母の日に合わせて「お母さんありがとう」とメッセージを追加する要望もあったそうだ。鈴木事務局長は「新型コロナウイルスでつらい状況だが、笑顔になってもらえるのでは。お祝い事などでも注文してみてください」と話した。

 1セット2500円。配達エリアは宇都宮環状線の内側で、注文は電話で受け付ける。(問)来らっせ本店028・614・5388。