特別公開されている鑑真大和上の座像と谷萩住職

 【下野】下野薬師寺(谷萩昌道(やはぎしょうどう)住職)は6月6日まで、日本に僧の資格を与える戒壇を開いた鑑真大和上(がんじんだいわじょう)(688~763年)の制作中の座像を特別公開している。

 日本三戒壇の一つの同寺は一昨年、平成の大修理を機に「安国寺」から元の寺名の「薬師寺」に改称した。座像の制作は、これに伴う鑑真の顕彰活動の一環。

 鑑真が建立した唐招提寺(奈良市)の許可を得て、同寺の国宝「鑑真和上座像」を模刻している。佐野市下彦間町、仏師中沢教伊(なかざわのりただ)さん(54)が、昨年から制作している。