「まぐろ串カツ弁当」(手前)など海鮮を生かした持ち帰りメニュー

 宇都宮市江野町のシンボルロード沿いに3月末、オープンした「すし華亭宇都宮中央店」のテークアウトメニュー「まぐろ串カツ弁当」(税別650円)。今月末までの限定販売で、しかも大好きなマグロとあっては…と、迷わず手に取った。

Web写真館に別カットの写真

 肉厚なマグロにさくさくの衣をまとわせた串カツ2本と、野菜かき揚げがメインでボリュームは満点。串カツを口いっぱいに頬張ると、広がるジューシーな味わいにピリリとからしの効いた特製ソースがうまみをさらに引き立てる。

 もりもりと食べ進み、セットのみそ汁とサラダで一息。店長の入江浩由(いりえひろよし)さん(47)は「和食全般に力を入れるすし華亭の強みを生かした」と太鼓判を押す。

 同じく期間限定販売されている「うな重」(税別1千円)は、脂が乗ったふんわり軟らかいうなぎとたれのハーモニーが食べる人を元気づける。販売開始から半月で4千食近く売り上げる人気ぶりだ。

 もちろん「あやめ」(税別1650円)など定番の持ち帰りすしも忘れてはならない。これら持ち帰りメニューは店頭販売しているが、事前の予約をお薦めしている。次は何をテークアウトしようか、満腹になったおなかを抱え、期待に胸も膨らませた。

 メモ 宇都宮市江野町1の15▽営業時間 午前11時半~午後3時、同5~8時(6月以降変更予定)▽定休日 日曜▽(問)028・666・8754