福田富一(ふくだとみかず)知事は15日の臨時記者会見で、新型コロナウイルス感染症に対応する総額122億円規模の6月補正予算案を発表した。感染拡大防止と社会経済活動の本格化を2本柱とし、県議会6月通常会議に提出する。知事ら特別職の給与減額に関する議案も提出する方針。

 医療従事者の支援や検査・医療提供体制の強化などに48億円、新しい生活様式への対応などに23億円を計上。今後の財政需要にも備え、他基金から財政調整基金に50億円を繰り入れる。

 医療従事者への応援金には5億円を確保。入院患者に対応する人に1日当たり8千円、診察対応する人に同4千円を支給する。患者を受け入れた入院協力医療機関などへの協力金は、1床当たり200万円程度を想定し5億円を計上した。

 県民の県内宿泊旅行料金の割引などにも4億円を充て、感染状況を見つつ観光需要の回復も促す。

 特別職の給与は、知事5%、副知事3%、教育長と常勤監査委員が2%をそれぞれ減額する考えで、現行の減額措置と合わせて各計15、10、7%の減額となる。福田知事は「さまざまな協力を県民に呼び掛けていることを踏まえた」と説明した。