疫病をはらう無病息災の神様として、毘沙門天は古来、信仰を集めてきた。新型コロナウイルス感染が拡大した今も、終息を願い、毘沙門天を祭る全国各地の寺院で法要が営まれている▼東京・神楽坂にある毘沙門天(善国寺)の坂道を上って路地に入ると、「島村抱月(しまむら・ほうげつ)終焉(しゅうえん)の地」の案内板が目に入る▼ここに劇作家島村抱月が近代演劇の普及のため、女優松井須磨子らと共に創設した芸術倶楽部があった。抱月は1918年11月、スペイン風邪で肺炎となり死去。2カ月後、須磨子が後追い自殺した▼スペイン風邪は、約100年前にパンデミック(世界的大流行)となったインフルエンザ。推計死者数は世界で2千万~5千万人、日本では2380万人が感染し38万人が死亡した。歌人の与謝野晶子も罹患(りかん)。「感冒の床から」と題した評論を新聞に発表し、政府を批判した▼「なぜいち早くこの危険を防止するために(略)多くの人間の密集する場所の一時的休業を命じなかったのでしょうか」と、疑問を呈している▼日本では18年から翌年にかけて大流行となり、いったん沈静化したが、その後2回の流行があった。新型コロナも、緊急事態宣言解除の後に感染拡大の第2波が襲うことも想定される。検査の拡大、病床の確保、ワクチンや新薬の開発など備えるべきことは数多くある。